製造方法を確認しよう

印鑑の作り方には大きく3つの方法があります。「機械彫り」「完全手彫り」「手仕上げ」です。「機械彫り」は、最初から最後まで機械で彫る方法。コンピューターで設定した印影の通りに名前を彫ります。短時間で印鑑ができるのですが、複製しやすいというデメリットもあります。「完全手彫り」は文字を作るところから手作業で行う方法です。高い技術を要する上、作成時間が長くなります。その分、印面の強度が強く、唯一無二の印鑑ができるというメリットも。実印や銀行印にはオススメです。「手仕上げ」は最初の荒彫りを機械で行い、仕上げを手作業で行う方法です。「荒彫り」は印鑑の製造工程の中で一番時間がかかる工程。ここにかかる時間を削減できるので、短時間で印鑑を作ることができます。仕上げとして手作業の工程が入るので、オリジナル性の高さは「手彫り」とほぼ同じ。実印や銀行印をできるだけ安く作りたい人にオススメです。

印鑑手彫りの場合も、手仕上げの場合も、印鑑の彫刻に関する知識を持っていることを証明する「国家検定印象彫刻技能士」という資格をもった職人さんがいるとより安心。彫刻だけでなく、監修をしている印鑑通販サイトもあります。

印鑑をどのように作っているか、通販サイト記載されていることもあります。同じ印鑑通販でも、商品の価格等によって、製造方法を使いわけていることも。大事な印鑑を作成する場合は確認しておきましょう。